使えば快適なパソコン生活が送れるフラッシュアレイのメリット

最近パソコンの起動が遅いと感じている方、プログラムの立ち上がりが遅いと感じている方、フラッシュアレイを使う事で快適な起動と立ち上げが行えます。フラッシュアレイとは、SSDなどのフラッシュメモリを用いた記憶装置のことで、アクセス時間の高速化が大きなメリットになっています。パソコンで仕事をしている人にとっては、パソコン起動の1,2分や、プログラム起動の数十秒も、仕事の効率化と言う点で、大きな影響があります。少しでも効率化をあげて仕事の生産性を高めたいと考えているのであれば、フラッシュストレージアレイは最適な選択と言えます。高額だと印象があった、フラッシュストレージアレイですが、最近は、コスト的にも、ハードディスクとの差がほとんど無くなってきているので、フラッシュストレージアレイ導入のデメリットは何もないと言えます。

ハードディスクドライブとフラッシュアレイの違い

ハードディスクドライブは、通称ディスクアレイと呼ばれる製品で、システムの状態を一度フラッシュメモリストレージで再現して処理しているものになります。このため、このフラッシュメモリーの並列化を行うことで、パソコン起動の高速化や、データ転送の高速化を行っているのが特徴です。また、頑丈な作りをしているので、衝撃等にも強いという面もあります。フラッシュアレイは、正式名称が、フラッシュストレージアレイとなっています。フラッシュストレージアレイは、SSDなどのフラッシュメモリを用いた記憶装置を複数統合して一体的に運用しているもので、パソコンの立ち上がりや読み書き速度の大幅な向上が見込めている最新の記憶媒体になります。保存の信頼性も高く、いずれハードディスクに置き換わる可能性がある記憶媒体になります。

データ移行は誰でも簡単にできます

ハードディスクからフラッシュストレージアレイに変更しようとしたとき、ネックになるのが現在、ハードディスクに保存しているデータをどうやって、フラッシュストレージアレイに移行するかです。データ移行の方法は、実は、簡単で誰でもできます。用意するのは、外付できる記憶媒体です。外付けの記憶媒体としては、外付ハードディスクが一般的ですが、容量が足りるのであれば、USBメモリースティックや、CDやDVD等のメディアでも十分です。データ移行する際の注意点として、外付ハードディスク等にバックアップデータがしっかり保存されているか確認することです。データ移行中に、かなりの低確率ですが、失敗することがあります。失敗した状態だと、フラッシュストレージアレイにデータを戻しても使うことができないので、バックアップ時にしっかりと確認することをお勧めします。