フラッシュアレイの入手方法の説明

現在、データセンターインフラストラクチャーは大きな転換点を迎えつつあり、物理から仮想へと移行してきた流れが、HDDベースのストレージアレイからオールフラッシュアレイへ転換しつつあります。物理マシンから仮想マシンへの移行と異なる点は、何処の組織にもオールフラッシュストレージアレイでホストの試みをする余裕がないことです。それ故、第二及び第三階層のアプリケーションであっても、試されることは殆どありません。オールフラッシュストレージアレイの運用に伴うコストとパフォーマンスを考慮すれば、ハイパフォーマンスとなるミッションクリディカルアプリケーションが最適となります。その成果の如何よって、今後のストレージアレイの入手方法の選択に大きく関わってきます。

中断しないストレージ管理テクノロジーの導入

企業などの組織では、安全性を優先して確実性の高いHDDベースのアレイに固執するか、或いは将来性のあるオールフラッシュストレージアレイへ移行するか選択肢を迫られています。先進的な組織の多くは、後者のオールフラッシュアレイへの移行を選んでおり、HDDベースのアレイと次世代のオールフラッシュアレイの長所を併せ持った製品を選択することになります。その場合には自ずと製品が絞られてくるもので、そうした製品はオールフラッシュストレージアーキテクチャーを提供することになります。加えて、使用可能なフラッシュ容量を最適化かつ最大化するなどの、ストレージ管理テクノロジーの導入を中断させることなく行えます。さらに、本番稼動環境へのインライン重複排除の導入を、リアルタイムで行うことが出来ます。

組織の将来環境にあった製品を選ぶ

現在、市場には数多くのストレージ製品が存在しており、その中から選択するのは企業や組織にとって課題となります。オールフラッシュアレイが市場に登場する前にも、多くのストレージプロバイダーが150以上のミッドレンジモデルを提供してきました。そこに、新たにハイブリッドやオールフラッシュストレージアレイが加わることで、一層事態を激化させることになります。導入に当たっては、手頃な価格をはじめ、ストレージ容量やパフォーマンス、そして耐障害性などが評価基準となります。その中でも重要なのが、組織の環境に最適なものを選ぶことで、将来性を見据えた上での適切な判断を下す必要があります。特に、本番稼働環境への、インライン重複排除をリアルタイムに導入できるのは大きなメリットとなります。